がん患者さんへのカバーメーク研究

カバーメークによって、治療中の気持ちに変化があるかを調べています(研究終了しました)

研究の内容

がん治療に伴う肌の変化にカバーメークを行うことで、気持ちに変化があるかを調べています。


ご参加いただける方

がん治療に伴う肌の変化でお悩みの方

例)

・手術の傷あと

・抗がん剤による肌のくすみ、手指の黒ずみ 

・放射線治療後の肌の変化

 

 研究の方法

カバーメークの前と、2か月使用の後に、簡単なアンケートをお願いします。

肌色に合うカバー用クリームは、無料で提供いたします。

 

ご注意ください

カバー用クリームは、国の基準を満たした製品ですが、かぶれ等の可能性もあります。

肌やご病気の状態により、参加いただけないことがあります。

 

研究担当

東京大学医学部附属病院 乳腺内分泌外科 医師 分田貴子